知ってますか?「医薬品」と「医薬部外品」の育毛剤の違い

様々な企業やメーカーから発売されている育毛剤ですが、
「医薬品」と「医薬部外品」があることをご存じでしょうか。

 

このふたつの違いを知ることが、育毛剤を選ぶ際にとても重要になってきます。
今回は、育毛剤の「医薬品」と「医薬部外品」の違いについて解説していきましょう。

 

「医薬品」とは?

「医薬品」とは、薬事法から抜粋すると、

 

「日本薬局方に収められている物」、
「人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物」、
「人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物」
とされています。

 

ちょっと難しいのでわかりやすく解説すると、
「症状の改善や治療に効果が認められているもの」ということができます。

 

しかも、その効果は国が認めているというものです。
また、「医薬品」は医師による処方がある場合や、薬局でしか買うことができません。

 

「医薬部外品」とは?

「医薬部外品」とは、医薬品ではないものの医薬品に準ずるもので、
「治療」ではなく「予防」を主な目的とするものです。

 

また、その効果や効能も、
「効く人もいるが効かない人もいる」というレベルになります。

 

効果がある場合も緩やかに症状が改善するもので、
短期間で劇的に治癒されるというものではありません。
「医薬部外品」は、「医薬品」と違い、ドラッグストアやネットショッピングでも買うことができます。

 

育毛剤における「医薬品」と「医薬部外品」

では、育毛剤の場合の「医薬品」と「医薬部外品」はどのように分けられるのでしょうか。
育毛剤の定義としては、「髪を育てるもの」であって、「髪を生やすもの」ではありません。

 

しかし「医薬品」の育毛剤は、髪に対する「治療」を目的としてつくられた商品ですので、
発毛の効果もあります。そのため、育毛剤と発毛剤を兼ねているともいえるでしょう。

 

一方、「医薬部外品」の育毛剤は、いまある髪の毛に働きかけるもので、
薄毛予防や頭皮の環境改善に主眼が置かれている商品です。

 

そのため、新たに髪の毛を生やす発毛効果はありません。
このように、「医薬品」の育毛剤と「医薬部外品」の育毛剤には明確な違いがあります。

 

では、「医薬品」の育毛剤を使うべきだと思うかもしれませんが、それは人によって異なります。

 

というのも、「医薬品」の育毛剤は、効果が劇的な可能性がある分、
頭皮に炎症が起こるといった副作用の心配もあります。

 

逆に「医薬部外品」の育毛剤は、
自然由来の有効成分が多く、副作用の心配はほとんどありません。

 

一長一短あるふたつの育毛剤ですが、確実な効果を得たい場合で、
副作用も覚悟の上だという場合には「医薬品」の育毛剤を、
副作用の心配なしに薄毛対策をしたいという方は「医薬部外品」の育毛剤を選びましょう。