育毛剤の成分と効能

本当に効く育毛剤の選び方|育毛剤の成分と効能のポイント

 

育毛剤メーカーが謳う効果には様々な表現が含まれますので、
額面通りに受け取る訳にはいきませんが、
表記されている成分は参考にできます。

 

AGAへの明確な効果が国から認められている
「医薬品」の成分は「フィナステリド」「ミノキシジル」です。

 

それ以外は「医薬部外品」または、
「化粧品」というジャンルになります。

 

しかし、医薬品の成分が認められるためには
長い年月と莫大な費用がかかること。

 

そして、
医薬部外品は「作用が緩やかで副作用の少ないもの」
という区分けがありますので、

 

必ずしも副作用の多い医薬品以外の成分が効かない
というわけではないのです。

 

以下に効能別に代表的な成分をまとめましたので、購入の参考にして下さい。

 

血行促進タイプ

ミノキシジル

AGAを治療するという大きな流れを作った
育毛を語る上では無視出来ない成分です。

 

元々は高血圧の飲み薬として開発されましたが、
脱毛に効く事が発見され、発毛剤としての研究が進みました。
副作用があるために、塗り薬【リアップ】として発売されています。

 

塩化カルプロニウム

元々胃腸薬として局所血管拡張作用を持つ
医療用医薬品として開発されました。

 

【NFカロヤンガッシュ】などが有名です。

 

センブリエキス

漢方薬のひとつでリンドウ科のセンブリ草から抽出したものです。

 

千回振り出して(煎じて)もまだ苦いと
言われるその苦味成分が末端の血管を拡張するようです。

 

【ポリピュア】・【リアルラゾンDX】・【アランテ】・【プランテル】
など多くの育毛剤に使用されています。

 

ニンジンエキス

こちらも主に薬草の朝鮮人参から作られる天然のエキスです。

 

滋養強壮に効果がある
サポニン配糖体が含まれているために血行促進に役立ちます。

 

また、抗酸化作用や抗菌作用もありますので、
頭皮の環境を整えるのにも役立ちます。

 

ビタミンE

血管の拡張作用に注目され、
よく配合されています。食事から摂る事も大切ですね。

 

他にもクジンエキス、セファランチン、ニコチン酸ベンジルなどがあります。

 

男性ホルモン抑制タイプ

 

フェナステリド

こちらは経口薬なので育毛剤としては番外編になりますが、
無視できないのでこちらに入れました。

 

ミノキシジルと並んでAGA治療に大きな足跡を残した成分です。
医薬品なので病院で処方する必要があります。

 

【プロペシア】やジェネリックの【フィンペシア】などがあります。

 

ヒオウギエキス

東南アジアに生息するヒオウギから抽出され、
女性ホルモンに似た働きをするイソフラボン誘導体を高濃度に含みます。

 

【チャップアップ】等に使用されています。

 

ノコギリヤシ

アメリカ原産のヤシから作られたエキスです。

 

サプリメントとして効果があると言われていますが、
人気のある育毛剤にはほとんどノコギリヤシの成分が含まれています。

 

オウゴンエキス

漢方の成分である、コガネバナという
植物の根を乾燥させたオウゴンから出来ています。

 

こちらをメインに多く含んでいるのは【ブブカ】【チャップアップ】です。
他にはエチニルエストラジオール、 ソウハクヒ等があります。

 

毛母細胞活性化タイプ

 

ペンタデカン酸グリセリド

脂肪酸の一種で、休止期の毛乳頭や
毛母細胞に直接働きかけて発毛を促進する成分です。
ヘアサイクルの休止期を短くし、成長期を長くします。

 

【毛髪力イノベート】等に配合されています。

 

ヒノキチオール

ヒノキから抽出されるヒノキ油に含まれる
殺菌作用が強いアルコール成分です。

 

毛母細胞の活性化作用が期待できるのと同時に
頭皮環境も正常化できる成分です。

 

【NFカロヤンガッシュ】、【薬用紫電改Z】などに含まれます。

 

パントテニルエチルエーテル

ビタミンB群の一種です。
皮膚や毛髪への栄養補給の役割がある上、
毛根細胞にも直接作用するため、細胞分裂を活発化する働きがあります。

 

【レパオ】などに含まれています。

 

他には、白薬子(びゃくやくし)エキス、ビオチン、t-フラバノン等があります。

 

頭皮環境制御タイプ

ビタミンB6
皮脂の分泌を正常にコントロールする働きがあります。

 

カシュウ
ドクダミの一種で、根っこを乾燥させたものです。
頭皮の皮脂線から出てしまう余分な脂質を抑える効果があります。

 

【カロヤンシリーズ】、【アポジカ】などに含まれます。