その育毛剤が効かないのはなぜ?

育毛剤を使っていても毛が生えない!効果がでない理由とは

 

財布の中身は限られているのに、
せっかくの育毛剤に効果が見られない。だから使用を中止する。
気が向いたらまた別の育毛剤を使ってみる…

 

そんなことを繰り返す方が多いのではないでしょうか。

 

そんな方は情報に踊らされて、
育毛の根本を見失っていないか振りかえってみましょう。

 

まずは毛が育つメカニズムを理解し、
自分の症状と問題点を探し出し、それに合った育毛剤を選び、
根気良く効果的に使うことを忘れないようにしましょう。

 

育毛剤のタイプが自分に合っていない

毛が生えるという文句だけ囚われると、
自分の症状を見ることを忘れがちです。

 

育毛剤が思うような効果を発揮してくれないのは、
症状や頭皮トラブルのタイプと育毛剤が合っていないことが考えられます。

 

男性ホルモンによるものなのか、血行が悪いのか、
脂症なのか、乾燥肌なのか…
正しく分析して、育毛剤を選ぶことが重要です。
関連:自分の症状にあった育毛剤選びとは?

 

また、根本的に肌に合わないのに使い続けているのは論外です。
育毛剤はどんなにナチュラルな商品であっても
頭皮への刺激となりますので、肌に合わない場合はトラブルを引き起こします。

 

使い始めてかゆみやかぶれが生じた場合には使用を中止しましょう。

 

そもそも髪が生える生活をしていない

髪は人間の体が正常に機能することで生えてくるもの。
育毛剤など外部からの力で出できることはそのサポートだと思って下さい。
育毛剤の謳う効果に頼り切るだけでは毛は生えてきません。

 

極端な例えをするならば、髪を洗わない生活で
脂ギトギトの頭皮に育毛剤を振りかけた場合、
それが頭皮まで届くでしょうか?

 

正しいシャンプーはもちろんのこと、
バランスのよい食事、適度な運動、
ストレスを減らす工夫などの日常生活を整えなければ、
育毛剤にいくらお金をかけても無駄になります。

 

それがどうしてもできないのであれば、
同じお金でカツラや増毛を選ぶべきでしょう。

 

育毛の第一歩!まずは頭皮を整える生活習慣を

 

使用期間が短い

どの育毛剤でも最低六ヶ月以上の使用が推奨されています。
これは、お客を逃さないようにするためではありません。

 

ヘアサイクルの仕組みを理解すれば、
新しい毛が生え始めるのにも、
育つにも時間がかかると言う事はわかります。

 

新しい髪が生える準備(休止期)を始めてから、
実際に髪が生えるまでには3〜4ヶ月もかかるのです。

 

育毛剤を使ったからといって、
明日にでも毛が生えるわけではありませんので、
継続して使うことは大変重要なのです。

 

そして、直ぐにチェンジできないからこそ、
安易な選択は出費と貴重な時間のロスにつながります。

 

しっかりと育毛を学び、
自分に合った適切な育毛剤を探し出すようにしましょう。

 

 

>>おすすめの育毛剤ランキングをみてみる<<