親が薄毛なら子も薄毛?

薄毛の家系という言葉が存在しますが、残念な事にそれは都市伝説であるとは言えません。
明らかに遺伝が関係するハゲがあるのです。
しかし、ハゲ遺伝子というようなモノが存在するわけではありません。
ハゲを引き起こす要素が遺伝するのです。

 

そして、その要素を解消する事で、例え遺伝的にハゲ家系だったとしても、結果を変える事ができるのです。

 

 

遺伝する要素

 

男性がハゲるのには原因があって、その原因を引き起こす要素が遺伝します。
それが、「5α-リダクターゼ」という還元酵素の存在と、その感受性です。

 

睾丸で作られた男性ホルモンは、毛乳頭におい、5α-リダクターゼと出会うと、毛母細胞の活動を阻害する「5α-DHT」に変化します。
この5α-リダクターゼが良く働く人はハゲやすく、良く働かない人はハゲにくいのです。
そして、この5α-リダクターゼの働く感受性が遺伝するのです。

 

その感受性は優性遺伝なので、両親のどちらの祖先にハゲがいる場合には、それを受け継いでいると考えてよいでしょう。

 

現在、5α-リダクターゼの感受性に関する研究は薄毛が遺伝に大きく関わっているという前提で進んでいます。
自分にハゲの遺伝子があるかどうかを検査できるキットも販売されていますので、一度検査して見てはいかがでしょうか?

 

薄毛につながる遺伝子がある、ないに関わらず、自分の体を知る事はストレスを軽減し、薄毛の予防にも役立ちます。

 

 

AGAと遺伝の要素

 

最近耳にするAGAの原因として、遺伝の要素は外せないものとして捉えられています。
そして、その原因がはっきりしているからこそ、それを解決する「治療」としての育毛が効果的だとされているのです。
5α-リダクターゼの働きが遺伝するのであれば、薬や育毛剤によってその働きを防げれば薄毛の進行を止めることができます。

 

育毛剤の中には、5α-リダクターゼの働きを抑制する効能を持つものがありますが、家系に薄毛が多い方はそういった育毛剤を検討する事から始めるべきですね。