効能で探す、あなたのための育毛剤ランキング

それでは、人気のある育毛剤をまとめてみましょう。
とはいえ、育毛剤に人気があるから、あなたの髪を生やしてくれるわけではありません。
自分の症状に合う育毛剤を選ばなければ、効果はないのです。
そこで、こちらのランキングでは、前章で説明した症状タイプ別のコメントも載せていますので、自分の症状にあわせて検討してみましょう。

 

1.リアップx5 / 大正製薬
第一類医薬品として、ミノキシジルを含んだ血行促進タイプの代表選手です。また、ミノキシジルの効果から毛母細胞活性化タイプの面も持っているので、AGAの症状にはまず最初に検討すべき商品です。

 

 

2.ブブカ /T.Sコーポレーション
とにかく育毛有効成分を32種類も取り込んだ総合的な育毛剤です。そんな多種多様な成分の中では、ホルモン抑制タイプのオウゴンエキスが目に付きます。また、育毛効果のある褐藻エキスを独自に抽出したり、塗り薬とサプリがセットになったりと盛り沢山なのは、発毛への執念を感じさせますね。

 

 

3.NFカロヤンガッシュ / 第一三共ヘルスケア
血行促進の狙いを中心に据えた育毛剤です。カロヤンシリーズと比べて倍増されたカルプロニウム塩化物水和物が血管拡張効果を強化しています。ブブカと比べると目標に一途で洗練された印象。

 

 

4.ポリピュアEX / シーエスシー
独自に開発したバイオポリリン酸を配合し、毛母細胞を活性化するタイプです。べた付きや匂いが少ない点も多くの支持を受けています。

 

 

5.レパオ /  ピーアンドピーエフ
毛母細胞活性化タイプです。レパゲルマニウムが血管を広げ、ビタミンなどで頭皮を整え、パントテニルエチルエーテルが毛乳頭に栄養を届けます。旧名称はケモアで、現在は男性用と女性用に分かれ、新名称レパオで販売されています。

 

 

6.M-1育毛ミスト / サラヴィオ化粧品
毛乳頭から発信される発毛指令という新しい発毛メカニズムに注目した育毛剤です。タイプとしては毛母細胞活性化が近いでしょう。

 

 

7.薬用プランテル / ユーピーエス
男性ホルモン制御を前面に押し出しています。5α-DHTの生成を抑制するヒオウギエキスを潤沢に含み、M字型薄毛専用とまで謳っています。

 

 

8.スカルプD / アンファー
男性のオイリーな頭皮環境を整えることを目指したアミノ酸系の育毛シャンプーです。育毛剤ではありませんが、生活習慣などを含め頭皮の環境が乱れがちな方は、育毛剤を使う前に頭皮環境を整える必要があるので、育毛シャンプーを選ぶことをおススメします。

 

 

9.チャップアップ / 株式会社ソーシャルテック
毛母細胞に活性化の働きを持つミツイシコンブエキス「M-034」を含みますが、サプリとあわせて50種類もの育毛成分が配合され、総合的な育毛を狙っているようです。多ければいいとは限りませんが、全額返金保証があるのは心強いですね。

 

 

10.WAKA /  MEJ
生薬だけを原液で贅沢に使った新しいタイプの独特な育毛剤です。主にカンゾウを主要成分として、毛乳頭からの発毛指令の活性化を狙っています。

 

番外編. プロペシア 
AGAの治療に忘れてはならないのがこちらの薬です。経口薬なので、番外編としました。
男性ホルモン制御タイプの王道です。
医薬品なのでご家庭で気軽に使うというよりは、病院で処方が必要なのですが、個人輸入代行という形での入手方法があります。ただし、服用に関しては自己責任になりますので違和感があれば病院へ行きましょう。

 

 

これらの育毛剤はどれも、実績があります。後は、自分に合うものを見つけるだけです。