頭皮環境を整える為の育毛シャンプー「スカルプD」

育毛シャンプーには
大変な人気を誇る【スカルプD】があります。

 

スカルプDの効果と口コミ|頭皮環境を整えるならこのシャンプー!

 

スカルプDシリーズにはオイリー肌と
乾燥肌にそれぞれ合わせたシャンプー、
コンディショナー、トニックがありますが、
敢えてこちらではシャンプーを取り上げます。

 

なぜなら発毛を考えたときに、
いくら高価で自分に合う育毛剤を買ったとしても、
シャンプーなどで頭皮の環境が整わなければ
せっかくの効果がマイナスされ、全く無駄になってしまうからです。

 

新しいコンセプトで市場を切り開いた先駆者から学ぶ事

スカルプDは、これまで存在しなかった
「頭皮を洗うシャンプー」として
育毛効果を謳い2005年に発売されました。

 

今だからこそ慣れてしまっていますが、
ほんの数年前まではシャンプーとは
洗髪のことしか指しませんでした。

 

そして育毛といえば育毛剤という常識に、
「スカルプケア」という概念で育毛市場に切り込んできたのです。

 

なにしろ育毛剤を使用するにあたり最初にやるべきことは、
毎日のシャンプーで外から育毛剤が
効く土壌を作ることで間違いはないのです。

 

そして、自分の体を食事や普段の生活で体の中から整え、
頭皮に健康な血が巡るようにすることが、
正常な毛を取り戻すことにつながるのです。

 

育毛剤と同じく重要なのが育毛シャンプー

スカルプDの成分を見ると、
発毛メカニズムに作用する成分は入っていません。

 

つまり、頭皮の環境を整えて毛が生えやすくなる
準備をするための商品に特化していると言えます。

 

これにより健康な頭皮を作ってから、
自分に合った発毛効果のある育毛剤を投入していくというわけです。

 

シャンプーで作られる理想的な頭皮環境は、
皮脂が適度にあり、汚れがなく、適度に湿潤であること。

 

ひたすら洗って皮脂を根こそぎ落とすようでは、
逆に皮脂の過剰な分泌を促したり、
カサカサの肌になって毛穴が詰まったりします。

 

スカルプDは肌に優しいアミノ酸系シャンプーで、
汚れはしっかり落としつつ、
肌に必要な潤いを保つようになっています。

 

また、頭皮への負担を減らすために
油系界面活性剤、シリコン、合成着色料、
合成香料、パラベン、フェノキシエタノールを配合しない

 

「6つのピュアフリー処方」を徹底しており、
スカルプケアへのこだわりが感じられますね。

 

繰り返しますが、スカルプDには発毛成分は入っていません。

 

しかし、育毛剤を選ぶにあたり必ずシャンプーを選ぶこと、
そしてシャンプーを適切に使うことを考えなければ
効果が出ないのですから、スカルプDはその一歩になるのです。