頭皮環境を整える正しいシャンプー選び

髪の毛を育てるために、
育毛剤にお金をかけるよりも先に大切な事があります。

 

それが、日々の洗髪です。

 

洗髪が適切にできていなければ、毛穴が詰まり、
頭皮が傷つき、余計なストレスを頭皮にかける事で
皮脂バランスが乱れ、頭皮環境の悪化を招きます。

 

それにより、育毛剤の効果が打ち消されてしまうことは当然ですが、
育毛剤の効き自体も悪くなります。

 

シャンプーが適切にできていない限り、
どんな高価な育毛剤を使っても無駄になってしまうのです。

 

自分に合ったシャンプーを選び、適切に日々の洗髪を行うこと。
それにより髪の生える頭皮環境がよくなるだけでなく、
使っている育毛剤がフルに効能を発揮できる環境が整うのです。

 

まずは、その成分から
大きく3つの系統に分かれるシャンプーの選び方を紹介します。

 

洗浄力が抜群の高級アルコール系

市販されている大部分のシャンプー、
特に大手の商品がこちらにあたります。

 

シャンプーボトルの裏の成分表に、
「ラウレス硫酸」「ラウリル硫酸」とつく成分があれば、
この高級アルコール系と言えます。

 

この系統のシャンプーの特徴は高い泡立ちと洗浄力にあります。
しかし、この強力な洗浄力が必ずしも薄毛によいとは限りません。

 

薄毛は毛包が既に弱くなっている状態です。
そんな状態の頭皮に対して、皮脂を落としすぎ
刺激を与えるこちらのシャンプーはむしろ不適切なのです。

 

安価に大量生産できるために売り場では
ポピュラーな地位を占めていますが、本気で薄毛対策に取り組むのであれば、
まずこのタイプのシャンプーを避けることから始めて下さい。

 

刺激が少なくよく洗える石けん系

石けん系シャンプーは、
洗浄力がありながら肌への刺激が優しいのが特徴です。

 

成分に「石けん素地」という表示があれば石けん系のシャンプーです。

 

自然志向の方に好評で、髪にもよさそうですが、
洗浄力が高いため皮脂を取りすぎる傾向があります。

 

また、アルカリ性のため、洗い上がりの髪がゴワゴワしてしまうので、
酸性のリンスを使うなど若干使い方にコツがいります。

 

頭皮に優しいアミノ酸系

髪や頭皮に抜群に優しいと言われているのが、
アミノ酸系シャンプーです。

 

代表的な主成分を挙げれば、
「アシルグルタミン酸」「ラウロイルメチルアラニン」
などが挙げられますが、ちょっと分かりにくいかもしれません。

 

店頭で探す場合には店員さんに相談するのがよいでしょう。

 

低刺激で余分な皮脂を落とさず保湿性が高いなどの
髪を増やすに適切なメリットがあり、
育毛にはこのシャンプーを外すわけにはいきません。

 

ただし、欠点もあり、他のシャンプーと比べると高価です。

 

また、落ちにくい整髪料を多く使ったり、
髪が汚れる生活を送っている方は洗浄力が低いため、
2度洗いなどの手間をかけなければ、むしろ頭皮の環境を悪くします。

 

しかし、そういったデメリットを含めても、
やはりアミノ酸系のシャンプーのメリットは
それを上回り、育毛に最適です。

 

まずはアミノ酸系シャンプーを選び、
その上でそれが自分に合わなければ替えていくのがよいでしょう。

 

アミノ酸シャンプーの中でもおすすめといえば?