危険なのは忙しい男の食生活

育毛剤を使っていても、いなくても、頭皮の毛乳頭から髪の毛母細胞に栄養が与えられることにより、髪は伸びていきます。

 

当たり前のことですが、健康な髪を作る栄養を食事からしっかり摂るのは、髪の毛のためには大切な要素ですね。
育毛剤の成分を気にする前に、毎日の食事の内容にもちょっと気をつけてみましょう。

 

 

髪を減らす食生活

 

言うまでもなく、食事は人間の体をつくる大切なもの。気を付ける事で良くも悪くもなるのです。
しかし、働き盛りの現代の男性にとって、なかなか注意を払うのが難しいのも当然のことです。
最初から完璧を目指さず、まずは髪に悪い食生活を改善することから始めましょう。

 

 

 

揚げ物と上手に付き合う

 

まず、脂質の多い食事は体だけでなく、髪にもよくありません。
摂りすぎた脂で、皮脂分泌のバランスが悪くなる可能性があります。

 

普段の食生活で圧倒的に油脂量が多いメニューは「揚げ物」です。
もちろん脂の多いバラ肉なども気になるところですが、揚げ物と比べればその他の様々な栄養も含まれていますので、無理に減らそうとする必要はありません。

 

例えばトンカツ1枚には、大さじ2杯の揚げ油が含まれています。そんな分量の油をそのまま飲む事を想像してみて下さい。
また、安価な外食の揚げ油は古く酸化している可能性もあります。そいういった油は体に入ると悪影響がありますので気を付けた方がよいですね。

 

好きな揚げ物を絶対に食べてはいけない訳ではありません。
しかし、唐揚げを食べたくなったら、一つだけ減らして、その分茶色くないおかずを一品頼むように心がけましょう。

 

 

 

栄養をバランスよく摂る

 

よく聞く話なのですが、ダイエットに取り組んでいる方の頭髪の力が弱まってしまうということがあります。
これは、栄養制限によって必要な栄養を摂れない事で、栄養の届く優先順位の低い髪から栄養が足りなくなってしまうのです。
そうならないように、油モノを減らしつつ、品目を多くするように心がけるのがよいでしょう。
品目を多くする為には、外食では丼物よりは定食を選びましょう。

 

また、レトルトやコンビニ食は添加物が多い上に、加工を繰り返すことで栄養が薄くなっています。
毎日の生活がこればかりでは、知らないうちに栄養が足りていない状態が続きますので気を付けましょう。

 

他に気を付けるべきは、香辛料などの刺激物ですね。頭皮が汗と脂で毛穴が詰まりやすくなり髪の毛の成長を妨げます。

 

 

こういった点に気を付けながら、日々の食事をできるだけ楽しむ様に工夫することで、髪の成長の助けになります。