発毛剤の副作用はかなり危険?どんな副作用がある?

「発毛剤」と「育毛剤」。その名前は違えども、
髪の毛に良い影響を与えるために使うものであることに違いはありません。

 

また、育毛剤という名前であっても、
発毛剤に含まれるような効果を与えるものもあります。

 

しかし、細かな部分に焦点を当てれば、
その効果や副作用にはそれぞれ違いがあります。
今回はその違いや危険性ついてわかりやすく解説していきます。

 

発毛剤と育毛剤はどう違う?再確認しておきたい定義

発毛剤というのは、特に髪の毛を生やすことに特化した製品です。

 

含まれている代表的な成分としては、ミノキシジルやフィステリドなどがあります。
これらは、髪の毛を生やすための毛母細胞を活性化させたり、抜け毛を抑える効果を持ちます。

 

育毛剤はというのは、髪の毛を伸ばすことに特化した製品です。
含まれている代表的な成分としては、
アルガス-2、オウゴンエキス、ヒオウギエキスなどがあります。

 

これらは抜け毛を抑えたり、
髪の毛を生えやすくするための保湿効果などを持っていたりします。

 

しかし、冒頭でも紹介しました通り、育毛剤と名前を付けたものの、
主に発毛剤に含まれている成分を多く使用している育毛剤も存在します。

 

つまりは、「育毛剤でありながら、発毛剤でもある」、
そんな製品も存在するということです。

 

ただ、発毛剤と名前の付くものは、やはり育毛剤以上に発毛の効果を高めたものです。
髪の毛の根幹に訴えかけるものですから、副作用も強く出てしまうことがあります。

 

発毛剤で予想される副作用とその危険性とは

発毛剤のほとんどに含まれていると言ってもよい成分が、
「ミノキシジル」や「フィステリド」です。

 

ミノキシジルは血管を拡張し、毛母細胞の活性化を促します。
その効果はかなり高く、実際に多くの方が髪の毛が増えたことを実感しています。
製品としては『ミノキシジルタブレット』が最も効果があるとする声が多いです。

 

ただし、頭痛や高血圧、動悸などが副作用として発生する可能性があります。
もちろん、製品としては普通に出回っており、
これらを直接の原因とする死亡例などの報告も認められていません。

 

フィナステリドは主に『プロペシア』という製品で使用されており、
男性ホルモンの分泌を抑え、
ひいてはその男性ホルモンの分泌による抜け毛を抑えることで薄毛を治療します。

 

発生し得る副作用としては、倦怠感、肝機能障害などがあります。

 

これもミノキシジルタブレット同様、
普通に出回っているもので可能性として考えられる程度の副作用です。

 

しかし、副作用は必ず起こらないとは言い切れません。
これは発毛剤にしても育毛剤にしても、
どのような成分を使用したとしても共通認識して考えておく必要があるでしょう。

 

少しでも体質に合わないと感じれば、
使用をすぐに辞めて医師の指示を仰ぐことをおすすめします。

 

まとめ:発毛剤は効果の期待大!しかし、副作用にはご注意を

発毛剤は育毛剤以上に
髪の毛のために良い効果を与えることが期待できます。

 

しかし、その分発生し得る副作用があることも事実で、
使用する際はよく吟味した上で使うことをおすすめします。

 

発毛剤も育毛剤も、
通常のお薬同様に副作用があるという認識を持っておく方が良いでしょう。

関連ページ

初期脱毛について