最新のスカルプ成分が頭皮の奥まで浸透!効果を実感できる育毛剤「フィンジア」

「フィンジア」は、「キャピキシル」と「ピディオキシジル」という
2つの最新スカルプ成分を配合した育毛剤です。

 

こちらの記事では、フィンジアの特徴や効果、
オトクなコースをご紹介していきます。

 

フィンジアの特徴は?

フィンジアの特徴は、
最新のスカルプ成分をバランスよく配合していることです。
それが、キャピキシルとピディオキシジルの2つの成分。

 

キャピキシルとは?

まずはキャピキシルに関して説明していきましょう。

 

キャピキシルは、
「アカツメクサ」と「アセチルテトラペプチド-3」の合成成分です。

 

男性ホルモンの過剰分泌が薄毛の原因のひとつであることはよく知られていますが、アカツメクサには、女性ホルモン作用物質であるイソフラボンがたっぷりと含まれています。

 

また、アセチルテトラペプチド-3は
4つのアミノ酸で構成されており、コシのある髪へ導きます。

 

アカツメクサとアセチルテトラペプチド-3を合成することキャピキシルになりますが、キャピキシルにより、男性ホルモンを抑えると同時に育毛効果も期待できるというわけです。

 

フィンジアには、キャピキシルが5%配合されていますが、
この濃度は業界最高峰の濃度です。

 

ピディオキシジルとは?

次に、フィンジアのもうひとつの主要成分
ピディオキシジルについて解説していきます。

 

 

ピディオキシジルは、薄毛対策で有名な
「ミノキシジル」に改良を加えた「ミノキシジル誘導体」と呼ばれています。

 

ミノキシジル誘導体(ピディオキシジル)は、
ミノキシジルと違って副作用の心配がなく、
弱まった頭皮にもダメージを与えません。

 

フィンジアには、ピディオキシジルが2%含まれていますが、
この濃度もトップクラスです。

 

フィンジアとほかの育毛剤との違い

フィンジアとほかの育毛剤との最も大きな違いは、
カプサイシンが配合されていることです。

 

唐辛子に多く含まれている成分として有名ですね。

 

なぜカプサイシンが配合されているかというと、
これはフィンジア独自の「ゲートアクセス理論」に根拠があります。
頭皮は年を重ねるにつれて徐々に硬くなってしまうもの。

 

つまり、育毛剤で有効成分を頭皮に与えても、
頭皮が硬くなっているため奥まで浸透しないという現象が起こり得るのです。

 

そこでフィンジアでは、カプサイシンを採用。
カプサイシンの発汗効果を利用することで、
頭皮(ゲート)を開き、有効成分を奥まで届かせる
「ゲートアクセス理論」を採用しているのです。

 

 

このように、カプサイシンで頭皮(ゲート)を開放し、
そこに先ほどご紹介したキャピキシルとピディオキシジルを届けることで、
ほかの育毛剤にない効果を発揮することができます。

 

定期お届けコースがオトク

フィンジアを最もオトクに購入できるのは「定期お届けコース」です。

 

通常価格は12,800円ですが、
月に1度フィンジアを届けてくれる定期お届けコースであれば、
毎回2,820円オフの9,980円で購入できます。

 

送料や手数料も無料なので、とてもオトクなコースといえますね。

 

また、万一フィンジアが自分に合わない場合、
1回からでも定期お届けコースの中止や休止ができるので、
安心して申し込むことができます。

 

さらに、効果を実感できない場合には、全額返金保障があります。
効果に自信があるからこそできる制度ですので、
一度フィンジアを試してみることをおすすめします。