テストステロンって一体何よ!?薄毛との関係性とメカニズム

世の中の男性が少なくとも
一度は考えたことがあるであろう、「薄毛」の問題。

 

どんな人が薄毛になってしまうのか、
いえ…、そもそも「どうして薄毛になってしまうのか」。
難しい問題ですよね…。

 

今回は、そんな男性の薄毛問題を左右してしまう
「テストステロン」の働きについて解説し、
薄毛との関係性やメカニズムについてもご紹介します。

 

テストステロンは男性にも女性にも出ているホルモン!

テストステロンというのは、ホルモンの名前で、
一般的な言い方に言い換えれば「男性ホルモン」です。

 

この男性ホルモン、テストステロンは男性という名前がついてはいるものの、
男性だけでなく女性にも分泌されるホルモンです。

 

その分泌量は男性よりも格段に少ないにせよ、
分泌されれば男性に与えている影響と同じものが女性にも与えられることになります。

 

では、そのホルモンが与える影響とは何なのでしょうか。

 

テストステロンは男性の身体の源!

テストステロンが分泌されるタイミングは、思春期を迎えた私たち人間です。
テストステロンが分泌されると

 

・体毛が濃くなる
・筋肉が増加する
・男性生殖器が発達する
・性欲が増進する

 

といった影響を及ぼすのと同時に、
「抜け毛が増える」という、デメリットな影響も与えてしまうのです。

 

若く健康的な頭皮を持つ人間であれば、たとえ髪が抜けようとも
絶えず新しい髪が生え続けますので、薄毛は進行しません。

 

しかし、当然ことながら若さを失い、元気も失った頭皮であれば、
髪の生える量よりもテストステロンにより、
髪が抜ける量の方が増えてしまいますから、薄毛になってしまいます。

 

薄毛の原因をテストステロンだけのせいにするのはNG!

日本社会でよく言われるのが、
「薄毛の男性は男性ホルモンが出まくっている」といった、
薄毛の男性を少し揶揄したような噂です。

 

すでに紹介したテストステロンの働きを鑑みれば、
「薄毛の男性=テストステロンの分泌が多い=抜け毛が多い」
ということになりますから、その噂はあながち嘘ではないことがわかります。

 

ただ、薄毛の原因となっているのは何もテストステロンの働きだけが原因ではありません。
噂だけを鵜呑みにし、自分と比べて落ち込むことのないようにしてください。

 

テストステロン以外で考えられる薄毛の原因としては、
・日頃の不摂生
・寝不足
・ストレス
・頭皮に栄養が行き届いていない
などが挙げられます。

 

売られている育毛剤と発毛剤はテストステロンにも作用する?

販売されている育毛剤(発毛剤)には、
頭皮に栄養を浸透させるほかにも
テストステロンの働きを抑える働きを持つ成分が含まれることがあります。

 

代表的なものとしては、「ヒオウギエキス」や
髪の毛や頭皮に好影響を与える「イソフラボン」などがあります。

 

育毛剤をご検討の際は、
含まれている成分がホルモンにどんな影響を与えるかということと、
自分自身の薄毛の原因は主に何なのかを考えるようにしましょう。

 

まとめ:テストステロンは薄毛に影響を与える!しかし吟味も大切!

今回ご紹介しました通り、テストステロンは
薄毛の根本的な原因である「抜け毛を増やす」という働きをしてしまいます。

 

しかし、薄毛の原因にはこのテストステロンの働きの他にも様々なものがあります。
日頃のストレスや頭皮に栄養が行き届いていないなどがあるでしょう。

 

ゆえに、育毛剤をご検討の際はご自身の薄毛が
何に由来しているのかをよく考えた上で、育毛剤も吟味することをおすすめ致します。