薄毛対策に重要な存在!5αリダクターゼとは?

薄毛の悩みでよく話題になる「5αリダクターゼ」。

 

一体どんな物質なのか知っていますか?
抜け毛には、この5αリダクターゼが関係していることがとても多いのです。

 

今回は、5αリダクターゼがどんな物質なのか、
またその影響について詳しく解説していきます。

 

5αリダクターゼとは?

5αリダクターゼについて解説していく前にまず押さえておきたいのが、
男性ホルモンであるテストステロンです。

 

テストステロンは、男性の活動を維持する上で重要な働きをしています。

 

では、テストステロンより強力な男性ホルモン
「ジヒドロテストステロン(DHT)」をご存じでしょうか。
関連:最強の脱毛ホルモン【ジヒドロテストステロン】の怖さと影響

 

実はこのジヒドロテストステロン(DHT)が、
髪の根元の毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体・レセプターと結合することで、
正常なヘアサイクルが狂わせ、抜け毛を進行させてしまうのです。

 

では、5αリダクターゼはどこに登場するかというと、
テストステロンとジヒドロテストステロン(DHT)の間で問題になります。

 

5αリダクターゼがテストステロンと結合してしまうことで、
ジヒドロテストステロン(DHT)を生み出してしまうというメカニズムがあるのです。

 

5αリダクターゼによる影響

そんなやっかいな存在である5αリダクターゼは
どこからやってくるのかというと、
実は人間の体内にもともとある酵素の一種です。

 

普段はテストステロンの補助的役割を果たし、
男性機能の向上に役立っています。

 

しかし、5αリダクターゼの分泌が多い人の場合、
テストステロンと結合する5αリダクターゼの量が多くなってしまうため、
必然的にジヒドロテストステロン(DHT)の量も増え、薄毛の原因になるわけです。

 

5αリダクターゼの分泌量は、
後天的なものではなく遺伝により決まっているといわれています。

 

父方の家系に薄毛の人が多い方は、
5αリダクターゼの分泌量が多い家系かもしれませんので、
早い段階からの薄毛対策が必要になる可能性が高くなります。

 

薄毛対策の鍵になる5αリダクターゼ

「脱毛ホルモン」ともいわれるジヒドロテストステロン(DHT)。

 

しかし逆にいえば、ジヒドロテストステロン(DHT)を
抑制することができれば、それが薄毛対策になるということ。

 

そして、ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制するためには、
テストステロンと5αリダクターゼの結合を阻めばいいわけですね。

 

つまり5αリダクターゼの働きを抑制することが、
薄毛対策の鍵になるのです。

 

そのため、育毛剤の中には、
5αリダクターゼをブロックするものも多数存在します。

 

遺伝的に5αリダクターゼが多いかもしれないという方は、
5αリダクターゼに対応した育毛剤を試してみるのもおすすめです。