植物からとられるヒオウギエキス、その効果やいかに?

育毛成分のなかには、名前からだけではイメージがつきにくいものもあります。
ただ、そのなかでも、名前を見ただけでイメージがつけやすいものがあります。

 

それが、「ヒオウギエキス」です。

 

ヒオウギエキスってどんなもの?

「ヒオウギ」という名称の植物があることは、
知っている人も多いのではないでしょうか。

 

これはアヤメ科アヤメ属に分類される植物です。
きれいな赤色〜黄色の花を咲かせることで有名で、
花屋さんでもこのヒオウギの花を見ることができます。

 

ちなみに、このヒオウギからとれる種子は
「射干玉(ぬばたま)」と呼ばれ、真っ黒な色をしています。

 

昔から「射干玉の髪(黒く美しい髪の毛のたとえ)」というように、
「髪」の枕詞として使われてきました。

 

このように、非常に髪の毛と関わりの深い植物です。

 

このヒオウギから抽出したエキスを、「ヒオウギエキス」と言います。

 

ヒオウギエキスの効果とは

ヒオウギエキスの効果について見ていきましょう。

 

ヒオウギエキスは、大豆などでも有名な「イソフラボン」を含んでいます。
イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと似た構造をしており、
これによって人の髪の毛をつややかにしたり、肌を健康で美しい状態に保ったりします。

 

加えて、薄毛と深い関わりのある
5αリダクターゼの発生を抑制する効果も見込めます。

 

このようなことから、ヒオウギエキスは、
男性にとっても女性にとっても有効な育毛成分となり得るのです。

 

ほかの角度からも薄毛にアプローチできる

また、女性ホルモンは「抜け毛」に対しても効果的にアプローチします。

 

さらに、女性ホルモンと似た働きをすることで、
頭皮環境をよくする効果も期待できます。

 

ヒオウギエキスは、保湿効果も持っている植物由来の成分でもあります。
さらに、頭皮の老化を加速させる酵素を抑制することもできます。

 

・エストロゲンと似た働きをすることによって、髪の毛を美しくする
・5α―リダクターゼの発生を抑えて、男性型脱毛症に効果を示す
・抜け毛を予防する
・頭皮環境をよくする
・保湿効果によって頭皮を守る
・頭皮の老化をブロックする

 

という6つの角度から、薄毛に対してアプローチしていくことができるのです。

 

現在、ヒオウギエキスは数多くの育毛剤に含まれています。
その会社独自の有効成分に加えて、このヒオウギエキスを一緒に入れる、
という方法がよくとられており、育毛剤の成分表示でもよくお目にかかる名称だと言えます。