薬にも使われている「オウゴンエキス」の効果にについて

育毛剤も健康志向、ナチュラル志向――――

 

このような時代であるからか、現在販売されている育毛剤は、
各社独自の有効成分と一緒に、さまざまな植物エキスが配合されています。

 

そのうちの一つとして、「オウゴンエキス」があります。

 

漢方薬にも使われているオウゴンエキス

「オウゴンエキス」は、シソ科の植物からとれる抽出液です。
「オウゴン」は通常は「黄?」と書きます。

 

多年草のうちの一種であり、美しい紫色の花を結びます。
広く、中国などでよく生えており、昔から人間に利用されていました。

 

漢方薬として

オウゴンエキスを語るうえで欠かせないのが、
「漢方薬の原材料として活躍しているという事実」です。

 

オウゴンエキスは古くから薬として利用されています。

 

抗菌効果があること、利尿作用があること、
熱を下げる効果があることから重宝されており、
現在でもこれを使った漢方薬がよく処方されています。

 

オウゴンエキスと頭皮の関係

漢方薬として使われるとき、オウゴンエキスには「抗菌効果」が期待されます。

 

これは頭皮に対してもよい影響を与えます。
頭皮にとって有害となる菌を鎮静化させ、炎症を起こしにくくする効果があります。

 

炎症を起こした頭皮は非常に不快なものです。
また、これによって抜け毛が増えてしまったり、
育毛剤の使用自体を中止したりしなければならないこともあります。

 

しかしオウゴンエキスは、この類のトラブルに対して、効果的にアプローチします。
また同時に、高い保湿力を誇り、頭皮を保護することにも役立ってくれます。

 

意外や意外?! ストレスにも効果的

「オウゴンエキスがストレスに対して効果を示す」
というと、驚く人も多いのではないでしょうか。

 

オウゴンエキスが働きかけることのできるストレスは、
「環境的な要因によってもたらされるストレス」です。

 

たとえば、汚い空気などです。
オウゴンエキスはこれらによってもたらされる有害成分の発生を抑える働きがあります。

 

この効果は非常に特徴的なものであり、
頭皮の老化や、頭皮のダメージを防ぐという効能を示します。
また、近年よく取りざたされている、活性酵素に対しても有効に働きます。

 

オウゴンエキスは非常に使いやすい有効成分であるため、
ヒオウギエキス同様、さまざまな育毛剤に配合されています。

 

殺菌効果と保湿効果があり、
しかも頭皮のダメージを軽減してくれるオウゴンエキスは、とても使いやすい成分だと言えるでしょう。