盾と矛の育毛成分!ミノキシジルの3倍の効果をもつ「キャピキシル」

「キャピキシル」という成分をご存じですか?
もし知らないのであれば、この機会にぜひ勉強しておきましょう。

 

というのも、キャピキシルは薄毛対策においてとても重要な成分だからです。

 

今回は、キャピキシルについて詳しく解説し、
有名な発毛成分「ミノキシジル」と比較しながらそのスゴさを説明していきます。

 

キャピキシルとは?

キャピキシルはカナダ生まれの成分で、
もともと自然界にある成分ではありません。

 

カナダの化粧品会社が独自に開発した成分なのです。
しかしその育毛効果がとても優れていることから、
いまでは多くの育毛剤に配合される人気の成分となっています。

 


※キャピキシル育毛剤の中でも特に人気の「フィンジア」

 

キャピキシルは、ふたつの成分がブレンドされて誕生しました。

 

アカツメクサ花エキス

そのひとつが「アカツメクサ花エキス」。

 

アカツメクサ花エキスとは、
昔からハーブとして重用されてきた植物から抽出されたエキスで、

 

男性ホルモン「テストステロン」を
悪玉の男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」に変えてしまう
「5αリダクターゼ」を抑制する効果をもっています。

 

ジヒドロテストステロンは、抜け毛の進行を促進してしまうホルモンですので、
5αリダクターゼを抑え込むことは育毛剤の使命ともいうべき仕事です。

 

アセチルテトラペプチド-3

そしてキャピキシルのもうひとつの成分が
「アセチルテトラペプチド-3」です。

 

アセチルテトラペプチド-3は、
髪の毛にプラス効果をもたらすアミノ酸で構成された成長因子で、
細胞の高い復元能力をもっています。

 

髪の毛の工場とも呼ばれる毛母細胞を復元させ、
コシのある毛を生やす助けをしてくれます。

 

このふたつの優れた成分が合体することで、
アカツメクサ花エキスが防御(5αリダクターゼをブロック)を担当し、
アセチルテトラペプチド-3が攻撃(育毛促進)をするという成分が誕生したのです。

 

まさに盾と矛がかみ合った成分がキャピキシルといえるでしょう。

 

ミノキシジルの3倍の効果!?

発毛成分として有名な「ミノキシジル」は、
優れた発毛効果があるものの、頭皮の炎症などの副作用の懸念があります。

 

その点キャピキシルは、ベースとなる成分が天然由来であるため、
副作用の心配がほとんどありません。
女性でも安心して使えるというのもメリットです。

 

また、キャピキシルの製造元企業のデータによると、
同条件のもとでキャピキシルとミノキシジルを比較した結果、
キャピキシルはミノキシジルの
3倍の発毛効果が得られたという結果が出ています。

 

第三者機関の調査ではないので全面的に信用するかはさておき、
それほどにキャピキシルが革命的な成分であることに疑いはないといえます。
育毛剤を選ぶ際には、キャピキシルが配合されているかも重要なチェックポイントです。

 

関連:「フィンジア」の効果と口コミ|キャピキシル育毛剤の決定版

関連ページ

M-034の効果